【2021年版】All in One SEO 4.x~の不具合とダウングレードの方法

WordPressの定番SEOプラグイン「All in One SEO Pack」ですが、バージョン4.0から名称が「All in One SEO(略称:AIOSEO)」になって、仕様もガラリと変わりました。

前バージョン3.7.1との最大の違いは、SEO分析ツールが実装されたことです。記事ごとに独自のSEOスコアが表示されたり、サイト全体のSEO分析もできるようになりました。

面白い機能だと思うのですが、まだ不具合も散見されます。2020年12月に4.0にバージョンアップしてから、2021年1月にかけてものすごい勢いで修正アップデートを繰り返していました。

そろそろ落ち着いてきたので大丈夫かと思ったのですが、仕様的に修正が期待できない部分も出てきました。

この記事では、All in One SEO 4.xにどんな不具合が発生しているのかをお伝えしながら、ロールバック(ダウングレード)のやり方まで解説します。

この記事は私が2日かけて書きました。
ササメ
ササメ
All in One SEO愛好家

WordPressテーマ・般若ビルダーの生みの親にして、All in One SEO利用歴10年以上のAll in One SEO愛好家。All in One SEOを我が子のようにかわいがってきたが、お別れの時期が来たのでこの記事を書いている。

特に不満もなく10年使ってきたプラグインAll in One SEO

SEOプラグイン「All in One SEO」ですが、私はかれこれもう10年は使い続けてきた気がします。使い続けてきた理由は、大きな不満も不便もトラブルにも遭遇していなかったからです。一部の界隈で「重い」と言われるのも、私はまったく感じたことがありません。

実際のところ、Page Speed Insightsで計測してみると、

All in One SEO未使用時のPage Speed Insightsスコア
All in One SEO未使用時のPage Speed Insightsスコア

All in One SEO3.7.1使用時のPage Speed Insightsスコア
All in One SEO3.7.1使用時のPage Speed Insightsスコア

All in One SEO4.0使用時のPage Speed Insightsスコア
All in One SEO4.0使用時のPage Speed Insightsスコア

この程度では誤差の範囲です。お名前ドットコムの管理画面や、さくらサーバーにWordPressをインストールした管理画面くらい重いなら問題ですが、体感できないレベルのスピードなんて気にする時間がもったないです。

なので、特に不具合でトラブった経験もないですし(これまですぐに修正アップデートされていました)、All in One SEOで設定できることは、ずっとAll in One SEOに任せてきました。

All in One SEO4.0で確認できる不具合5つ

ところが、All in One SEO4.0になって仕様が大きく変わりました。新しい管理画面にはすぐに慣れて、以前より見やすく感じます。設定項目は多少の変更がありますが、特に問題はないと思っていました。

ですが、不具合を5つ発見してしまったので、今からひとつずつ挙げていきます。

1.サイトタイトルとディスクリプションが変わってしまう可能性がある

All in One SEO4.0から、サイト型(トップページを固定ページにする)で運用していた場合、指定した固定ページの記事タイトルとディスクリプションが、サイトタイトルとディスクリプションになってしまいます。

All in One SEOの「一般設定」>「ホームページ設定」で設定していたサイトタイトルとディスクリプションは消えてしまいます。ブログ型の場合はそのまま引き継がれます。

これは不具合というより、All in One SEO4.0からの仕様変更なので、設定し直さないといつまでも直らないと思います。

固定ページと同じ内容を記入していた場合は問題ないですが、違う内容を記入していた場合は、ダウングレードしないと元の内容を復元できません。これは、公式のフォーラムで海外の人が激おこしています。

2.カテゴリーページのディスクリプションが反映されない

カテゴリーページのディスクリプションが反映されません。空欄になってしまいます。これは不具合っぽいですが、今のところ修正される様子はありません。カテゴリーページで集客している場合はちょっと困ります。

3.カテゴリーに固定ページを指定した場合に、タイトルとディスクリプションが反映されない

般若ビルダーでは「カテゴリーページを固定ページで作り込む」ことができますが、このときのタイトルとディスクリプションが反映されなくなります。Pro版を買ってカスタマイズしないと、対応できないっぽいです。

4.タイトルタグ後半のテキストの変更が効かない

般若ビルダーでは、記事ごとにタイトルタグ後半のテキスト(サイト名)をカスタマイズできます。ですが、All in One SEO4.0にすると、この変更が反映されなくなります。

5.SNSのOGP設定機能がデフォルトで有効化され重複する

TwitterやFacebookのOGP設定機能は、All in One SEO Pack3.7.1までは任意で有効化して使うものでした。

ですが、All in One SEO4.0からはデフォルトで有効化されてしまいます。般若ビルダーではテーマ側でOGPを設定するため、無効化しないとOGPが二重に出力されてしまいます。

All in One SEOとお別れする時期が来たようです

今回のトラブルを機会に、以前にも要望に挙がっていたAll in One SEOの機能の内製化(テーマに組み込み)に踏み切ることにしました

テーマに組み込むと、他社テーマへの乗り換え時(乗り換えてほしくないですが)にSEO設定がリセットされて、再設定が必要になるデメリットがあります。

ですが、SEOだけじゃなくてブロックやショートコードなどの独自機能も同じことなので、プラグインに依存し続けるメリットはあまりないかなと思いました。

All in One SEO4.0xをお使いの場合は、お手数ですが下記の手順でAll in One SEO Pack3.7.1への「ダウングレード(ロールバック)」対応をお願いします。

All in One SEO4.0→3.7.1のダウングレード方法

まず、何かトラブっても元に戻せるように、バックアッププラグイン「All-in-One WP Migration」などでバックアップを取っておいてください。

ダウングレード方法としては、

  1. All in One SEOの公式ページ」から旧バージョンをダウンロードする方法
  2. ダウングレードプラグイン「WP Rollback」を使う方法

の2つがありますが、今回は他のプラグインのダウングレードにも使える「WP Rollback」を使った方法を載せておきます。

1.「WP Rollback」をインストール&有効化

WP Rollbackをインストール

「WP Rollback」で検索してインストール&有効化してください。

2.プラグイン一覧の「Rollback」をクリック

All in One SEOの「Rollback」をクリック

プラグイン一覧の最後に「Rollback」というリンクが追加されているので、All in One SEOの「Rollback」をクリックします。

3.「3.7.1」を選択

All in One SEO3.7.1を選択

3.7.1を選択して「Rollback」をクリックします。

4.内容を確認して「Rollback」をクリック

最終確認画面

内容を確認して「Rollback」をクリックします。黄色のメッセージは、「ロールバックする前にバックアップを取ってください」というメッセージです。

5.「プラグインを有効化」をクリック

プラグインを有効化

「プラグインを有効化」をクリックしてください。

これでAll in One SEO Pack3.7.1へのダウングレードは完了です。

6.プラグインの自動更新を無効化

自動更新を無効化

プラグインの自動更新を有効にしている場合は、忘れずに「無効化」してください。無効化しないと、また数時間後に4.0xになってしまいます。

7.サーチコンソールでインデックス登録をリクエスト

サーチコンソールでインデックス登録をリクエスト

サイト型で運用していて、サイトタイトルとサイトディスクリプションが、固定ページのタイトルとディスクリプションに差し替わっていた場合は、Google Search Console(サーチコンソール)で「インデックス登録をリクエスト」して、All In One SEO Pack3.7.1で設定していた内容に戻してください。(そのまま放置でもいずれ戻ります)

以上です。おつかれさまでした。

All In One SEOのテーマ組み込みに関しては、2021年2月中の完成を目標に3.7.1のデータを引き継ぐようにつくります。なので、4.0にアップデートしてしまった場合は必ず3.7.1にロールバックしておいてください。

WordPressテーマ「般若ビルダー」最新版のダウンロードor購入

WordPressテーマ「般若ビルダー」の最新版は、下記の購入者ページよりダウンロードしてください。

購入後の人はこちら
購入前の人はこちら

←「WordPressテーマ般若ビルダー」TOPに戻る

この記事を書いた人

ササメ
ササメ
般若ビルダー開発チーム1号

2008年8月からWordPressを使ったブログ・サイトの運営を副業で開始。2009年から専業、2014年に法人化。読者の知りたい真実を読みやすく、わかりやすく、本音で伝えるサイト運営が得意。葉酸サプリの分析オタク。