SEO機能の組み込み、構造化データOrganization に対応(般若ビルダー1.4.0)

All in One SEOに任せていたSEO機能の組み込み、構造化データOrganizationに対応して、SEOを強化したWordPressテーマ「般若ビルダーver. 1.4.0」をリリースしました。

般若ビルダー1.4.0

新機能:All in One SEOに任せていたSEO機能の組み込み

内的SEO機能の設定画面

All in One SEO 4.x最新版の不具合とダウングレードの方法」でお伝えしていましたが、All in One SEOに任せていたSEO機能を般若ビルダー本体に組み込みました。All in One SEO Pack 「3.7.1」の設定データがそのまま引き継がれます。

設定方法 >般若ビルダー設定SEO設定
設定方法 >般若ビルダー記事設定SEO

新機能:会社・店舗用の構造化マークアップOrganizationを追加

組織(会社・店舗用)の構造化データ「Organization」に対応しました。名称や住所をGoogleに明確に伝えられるようになります。

GoogleマイビジネスのナレッジパネルとWEBサイトが連動することで、どこの誰が運営しているサイトなのか、実在性の証明効果が高まるとか、高まらないとか。

設定方法 >般若ビルダー設定構造化マークアップ

仕様変更・改善

ありません。

不具合の修正

ありません

修正ファイル

aw-admin.js(追加)
mso-admin.css
adminpages.phpinit-variables.php
adminpages-post.php
adminpages-theme_setting.php
functions.php
head-meta.php
structure-markup.php
utilities.php

2021年3月24日追記:ver.1.4.1リリース

不具合の修正と、一部仕様変更をした「般若ビルダーver.1.4.1」をリリースしました。

仕様変更

  • 表記変更:「般若ビルダー記事設定」>「エディタ」内の「コンテンツ幅」を「エディタ幅」に変更

あくまで「編集」画面上の見た目を変える機能なので、エディタ幅に変更しました。

設定方法 >般若ビルダー記事設定 > エディタ

修正

  • LPで大きな画像がコンテンツ幅よりはみ出す問題を修正
  • LPでエディタ幅を「1カラムワイド」にすると編集画面のレイアウトが崩れる問題を修正

修正ファイル

aw-admin.js(追加)
mso-admin.css
adminpages.phpinit-variables.php
adminpages-post.php

WordPressテーマ「般若ビルダー」最新版のダウンロードor購入

以上の内容を反映させたWordPressテーマ「般若ビルダー」の最新版は、下記の購入者ページよりダウンロードしてください。

購入後の人はこちら
購入前の人はこちら

←「WordPressテーマ般若ビルダー」TOPに戻る

この記事を書いた人

ササメ
ササメ
般若ビルダー開発チーム1号

2008年8月からWordPressを使ったブログ・サイトの運営を副業で開始。2009年から専業、2014年に法人化。読者の知りたい真実を読みやすく、わかりやすく、本音で伝えるサイト運営が得意。葉酸サプリの分析オタク。