今から、多くの人が知らない2種類の絞り込み検索の話をします。誰にも邪魔されないように部屋のドアを閉めて、スマホの電源も切って、お気に入りの飲み物を用意して、リラックスしながら読み進めてください。

世の中には、WordPressの絞り込み検索が2種類存在している

般若ビルダーサーチは、WordPressで運用しているサイトに「絞り込み検索」と、検索結果の「並び替え」機能を実装できるプラグインです。

実は、WordPressに実装できる絞り込み検索は、大きく分けると次の2つに分かれることをご存知でしょうか?

1.「カテゴリー」✕「タグ」で絞り込む
2.「カスタムフィールド」✕「カスタムフィールド」で絞り込む

どちらも同じ絞り込み検索ですが、似て非なるものです。どのくらい違うのかと言ったら、カニカマとタラバガニくらい違います。何がどう違うのか具体的にお話しします。

1.「カテゴリー」✕「タグ」の場合
複数のカテゴリーとタグ(またはカスタムタクソノミー)を組み合わせて、該当した「記事一覧」を通常の検索結果と同じように表示します。

カスタムフィールド非対応
「カテゴリー」✕「タグ」の検索結果

訪問ユーザーが検索結果で並び替えできるのは、「記事」の投稿日と閲覧数の昇順・降順のみの、簡易的な絞り込み検索です。

2.「カスタムフィールド」✕「カスタムフィールド」の場合
特定のカテゴリーやタグの記事に、絞り込み用の項目データ(カスタムフィールド=テキストや数値)を設定して、該当した「アイテムの概要一覧」を検索結果ページに表示します。

カスタムフィールド対応
「カスタムフィールド」✕「カスタムフィールド」の検索結果

訪問ユーザーは、「価格」「評価」「登録者数」「データ容量」「駅からの距離」「ホームラン数」「戦闘力」……などなど、ありとあらゆる検索項目の「数値」の昇順・降順ができるので、より希望条件に近いアイテム順に並び替えられます。

並び替えることで、ユーザー自身が求めている条件で比較できたり、ランキング化することができます。「1」よりも高度な絞り込み検索です。

楽天市場やAmazonなどの大型ショッピングサイト、SUUMOや HOME’Sなどの大手不動産物件サイト、じゃらん、一休.comなどの有名ホテル予約サイトなどは、絞り込み検索と「数値の並び替え」機能がセットで実装されています。

きっとあなたも、上記のサイトで「価格の安い順」「レビュー件数順」などで並び替えた経験があると思います。このユーザー体験を実現させるには、カスタムフィールドに対応して数値を紐付ける必要があります。

般若ビルダーサーチで実装できる絞り込み検索も、カスタムフィールドに対応していて、検索結果に「数値の並び替え」機能を実装できます。

2つの検索フォームデモをご覧ください

数値の並び替えができる絞り込み検索とは、どのようなものか。デモサイトでご確認ください。

主な利用用途としては、

  • 複数商品・サービスの比較紹介サイト
  • カタログサイト
  • 地域ポータルサイト
  • ○○名鑑のような辞典型サイト
  • データを集めたデータベースサイト
  • 不動産物件サイト
  • 求人サイト

など、対象物を特定の条件や数値で抽出、比較したいサイトで活躍します。

なぜ、般若ビルダーサーチをつくったのか?

ササメ
WP歴13年目ササメ

というわけで、こんばんは。“超万能型”絞り込み検索&並び替えプラグイン「般若ビルダーサーチ」の制作・販売者のササメです。WordPress利用歴13年目です。

ここからは、私が般若ビルダーサーチをつくるに至った背景をお話しさせていただきます。(こういった開発ストーリーも伝えないと、機能はすぐにパクられる業界なので……)

きっかけは2017年6月、Googleの広告営業本部の人からの連絡でした。2015年から2017年にかけて、Googleはアフィリエイトを収益源にしている比較サイトをGoogle AdWords(現・Google広告)に出稿してもらおうと、営業に力を入れていました。

当時、GoogleはSEOで上位表示している比較サイトの運営者に声がけをしていて、ご多分に漏れず、私にも問い合わせフォームから連絡が来ました。

「AdWordsに出稿しませんか?専任チームでサポートします」とのことで、天下のGoogle様からのお誘いならと快諾しました。(サポートの営業活動は今でもやっているようですが、このときはアフィリエイトに特化している特殊なタイプでした)

その際に、広告の審査に通過するためには、サイト内に「絞り込み検索機能が必要」とのことで、制作・実装することになったのです。

当時は、般若ビルダーの旧作「メシオプレス(02)」の子テーマをカスタマイズして実装しました。検索項目のデータは決め打ちでつくっているため、

  • 気軽に検索項目の条件変更ができない
  • 他のサイトで使えない
  • メシオプレス02でしか使えない

といったデメリットがありました。そこで、これらの問題を解決するために子テーマではなくてプラグイン化して、

  • 検索項目の設定・変更が自由にできる
  • 複数のサイトで使える
  • 般若ビルダーでも(般若ビルダー以外でも)使える

といった自由度の高い絞り込み検索の実装を実現するべく、2020年8月から開発に着手しました。もともとは、Google広告に出稿するための機能でしたが、SEOサイトでも使いたくなったので、UI・UXを全面的に見直すことにしたのです。

その結果、完成まで1年もかかってしまいましたが、PPCにもSEOにも使える汎用性が非常に高い“超万能型”の絞り込み検索&並び替えプラグインができあがりました。

そして、旧メシオプレスシリーズから共通の「自分で使うためにつくったものですが、同じものでよければどうぞ」のスタンスで販売に至った……というわけです。

それでは、般若ビルダーサーチで何ができるのか、具体的に紹介していきます。

般若ビルダーサーチでできる12のこと

細部までこだわっています

1.旧Google AdWords審査通過基準のサイトがつくれる。独自コンテンツ不足対策に

今のGoogle広告でビジネスモデルが成果報酬型のサイトを出稿する場合、旧Google AdWordsのように必ずしも絞り込み検索が必須ではなくなったようです。

ですが、Googleの担当者に確認したところ、絞り込み検索なしで審査に通るかは「運ゲー」で、サイト内容に左右されるとのことでした。つまり、Google広告に変わった今でも、絞り込み検索がないと審査に通らないサイトが存在するのです。

実際、審査のゆるくなったGoogle広告で出稿したみたものの、「独自コンテンツ不足」と判定されて審査落ちしてしまった人の話もチラホラ聞きます。

その点、般若ビルダーサーチは、ゴリゴリに審査が厳しかった旧Google AdWordsの厳格な審査基準に対応しています。

Googleからもらった審査通過マニュアルには、審査通過のポイントが書かれているのですが、通過に必要な5つの機能・仕様はすべて般若ビルダーサーチに実装済みです。

Googleにもらった審査通過マニュアル

たとえば、「セレクトボックス(プルダウンメニュー)」や「ラジオボタン」の仕様さえも審査対象になるのですが、審査落ちにならない仕様を採用しています。

2.成果実証済みの高ユーザービリティな検索フォームと検索結果ページを実装できる

Google広告の審査に落ちないだけでなくて、Googleの担当者から教えてもらった「成果を上げる仕様=ユーザビリティの高い仕様」も反映させています。たとえば、次のようなものです。

Googleからのアドバイス
Googleの担当者からもったアドバイス

最初から上記を改善済みの絞り込み検索フォームと検索結果画面を使うことができます。

旧Google AdWordsでは「恣意しい性(=自分の欲するままに自分勝手にふるまうこと)のないサイト」が求められていました。般若ビルダーサーチを導入することで、旧Google AdWords基準レベルの客観性・公平性の高いサイトへとレベルアップします。

ちなみに、「Googleの広告アドバイス鵜呑みにすると逆効果説」もありますが、上記1つ目は元々やろうとしていたことで、理にかなっています。2つ目はサイトの運営スタイルによってはCVRが下がるので、採用しない使い方も選択できるようにしています。

3.どんなジャンルの数値でも範囲指定検索&並び替えができる。ユーザビリティUP機能も

範囲指定検索

価格、サイズ、容量、長さ、重さ、人数、割合……どんなジャンルの数値でも範囲を指定した検索(◯◯以上◯◯以下)ができます。

簡易的な絞り込み検索でも、記事にタグを付けて分類すれば同じようなことはできますが、般若ビルダーサーチはカスタムフィールドを使って管理します。記事のタグ設定に影響しないため、タグを細かく設定し直す必要がありません。

ソート機能

さらに、検索結果ページでは訪問ユーザーが昇順、降順に並び替えできます。このページの冒頭でもお話ししましたが、これがカスタムフィールド対応の絞り込み検索機能の真髄です。

しかし、般若ビルダーサーチはそれだけでは終わりません。並び替えの昇順・降順表示は、どちらかまたは両方を省略することもできます。

たとえば、クレジットカードのサイトで「還元率の低い順なんて需要がないな」と思ったら、低い順を省略して、高い順のみを選択肢に表示できるのです。

ソート機能(項目省略)
還元率は高い順のみで並び替え

このようにすることで、無駄がなくなってユーザーの利便性を高めることができます。見た目もごちゃごちゃしない、スッキリした並び替えリストを実現しました。

4.サイト内の好きな場所、位置に、ショートコードを貼るだけ設置できる

絞り込み検索フォームは、サイト内(記事、ウィジェットエリア)の好きな位置にショートコードを貼り付けるだけで、カンタンに設置できます。

好きな箇所に設置した様子
設置したいところにショートコードをコピペするだけ

トップページのファーストビュー、記事の途中、記事の下、PCサイトのサイドバーなど、好きなところに設置することができます。

5.ひとつのサイト内に作成・設置できる検索フォームの数は無制限

絞り込み検索フォームは、1つのサイト内に何個でも作成・設置できます。

複数ジャンル作成した様子
複数ジャンルの絞り込み検索を設置可能

たとえば、価格.comのようなオールジャンルのアイテムを比較検討するサイトでも、「クレジットカードの検索フォーム」「格安SIMの検索フォーム」など、各ジャンル(カテゴリー)ごとに異なる絞り込み検索フォームをつくって、サイト内の別の場所に設置して、それぞれ別々に動作できます。

※全く同じ検索フォームは1ページ内に1つのみです。

6.検索フォームや検索結果ページのデザインは、ノーコードで簡単カスタマイズ

フォーム全体のレイアウトや検索項目の表示順、表の見出し、ラベル、ボタンのカラー配色なども、管理画面からカンタンにカスタマイズできます。PHPやCSSの知識は一切不要です。

直感操作でカスタマイズ
デザインのカスタマイズも簡単

各種カラー変更は、カラーピッカーを実装していますので、直感操作でカラー変更できます。

選択肢表示は3パターン
選択肢の表示もお好みで

検索項目の選択肢は「セレクトボックス(プルダウンメニュー)」「チェックボックス」「ラジオボタン」のうち、好きなものを自由に設定できます。

項目の上げ下げ機能
検索項目の順番変更もカンタン

フォーム内のどこに、どの検索項目を設置するのかも、上げ↑下げ↓ボタンを押すだけで自由自在に調整できます。

公式ボタンを非表示に
公式誘導が不要なサイトにも対応

検索結果ページでは、「公式サイトボタン」と「詳細ページボタン」を設置できますが、どちらかを非表示にすることもできます。公式サイトへの導線が不要なサイトでも使えるようにしました。

7.iOSでも見やすくて選びやすいセレクトボックスの最前面表示

般若ビルダーサーチは、iPhoneで見たときの検索フォームの見やすさに超こだわりました。

通常、iPhoneで検索項目のセレクトボックス(プルダウンメニュー)から選択肢を選ぼうとすると、デフォルトでは画面の下にドラムロールが表示されます。

ドラムロール表示
iPhoneのセレクトボックスはドラムロール表示

ドラムロール表示だと、

  • 選択中の1行以外が薄く表示されて視認性が悪い
  • スクロールが行き過ぎてしまうことがある
  • 項目を選択したあとに「完了」を押すのが二度手間
  • 選択したあとに画面がピンチアウト(拡大)されてしまうことがある

というデメリットがあります。

一方、Androidの場合は画面の最前面に選択肢が表示されるので、上記のようなデメリットがありません。Androidと言えば、Googleが開発したOSです。世界のモバイルOSは7割がAndroidです。日本だと5割です。

そこで、般若ビルダーサーチでは、iOSで見た場合でも世界標準のAndroidと同じ最前面表示になるように改善しました。

ドラムロールvs前面表示
iPhoneでもAndroidと同じ最前面表示に

このBefore・Afterを見ていただければ、どちらが視認性と操作性が高いか感じていただけると思います。

8.iOSでも見やすいラジオボタン・チェックボックス。選択時のカラーも変更できる

iPhoneで見た場合のチェックボックスは、丸みをおびたデザインがデフォルトです。チェックボックス(四角)なのか、ラジオボタン(丸)なのか、見分けがつきにくい問題があります。

iPhone表示の問題点
iPhone表示の問題点

また、選択肢を選択したときは黒色がデフォルトです。これだと、せっかく検索フォームのカラーをデザインしたのに、検索フォームやサイト全体のカラーバランスの調和を乱してしまいます。

そこで、チェックボックスをより四角にして、ラジオボタンとの違いが明確にわかるように調整しました。

デザインのBefore・After

選択肢をチェックしたときのカラーも、好きな色にカンタンに変更できるようにしました。(さらに、選択項目の配列もスマホでは1列表示になるようにしました)

この変更は、iPhoneはもちろん、AndroidやPCでも適用されます。当初はFont Awesomeを読み込ませたり、Webフォントファイルを独自に作る方法で検討したのですが、最終的にCSSのみで実現させました。表示速度に影響しません。

サイト全体やフォーム全体とのカラーバランスを損ねないラジオボタン、チェックボックスを使うことができます。

9.選択肢に使いたい大量データも一括コピペでOK。表示順の変更もカンタン

検索項目の選択肢は、テキストベースで一括コピペで登録できます。

たとえば、Googleフォームで「都道府県」の選択肢を登録しようとしたら、北海道、青森県、岩手県・・・と1行ずつ登録する苦行が待っています。一括コピペができないのです。

Googleフォームの問題点
Googleフォームだと47回も繰り返すハメに

一方、般若ビルダーサーチは、テキストエリアにまるっと貼り付けるだけで登録が完了します。

一括コピペでOK
般若ビルダーサーチならコピペ1回

年齢、市区町村名、駅名、路線名などの大量データでも、一行ずつ入力する地獄の作業を強いられることはありません。

表示する順番の変更もカンタンです。たとえば、上の画像では北海道が最初に来ていますが、関東を最初に表示したい場合は関東のテキストデータを切り取って、先頭に貼り付けるだけでOKです。登録や修正に無駄な時間をかけさせません。

10.検索結果0件がっがり問題を事前に解消する瞬間リアルタイム件数表示

「条件で絞り込んでいざ検索ボタンを押したら、検索結果が0件だった……」

超巨大ECサイトでもない限りよく遭遇する、絞り込み検索あるあるです。これだと、せっかく絞り込み検索機能をつけたのに、ユーザーをがっかりさせる原因になります。そこで、検索ボタンを押す前に、該当件数をリアルタイムで瞬時に表示するようにしました。

リアルタイム件数表示

リアルタイム表示があると、検索ボタンを押す前に「これ以上条件を付けると0件になるから、ここまでで検索かけてみよう」「現時点で◯件もあるのか。それなら、もっと細かく選択しよう」といった判断が可能となります。

取り扱いアイテムや選択項目が多くなっても処理速度に影響が出ないように、独自のキャッシュ機能も実装しています。処理データが多くなっても、該当件数を一瞬で反映していきます。

11.複数のサイトで利用可能。利用サイト数に上限なし

ご自身で運営・管理しているサイトであれば、複数のサイトにインストールして利用できます。インストールできるサイト数に上限はありません。

複数サイトに設置可能
複数のサイトにインストールできます

もし、カスタムフィールド対応の絞り込み検索機能をWEB制作会社に制作依頼した場合、検索項目を決め打ちでつくることになります。そのため、他のサイトには規約上というより、仕様上の物理的な問題で1サイトでしか使えません。

一方、般若ビルダーサーチなら、サイトごと、検索フォームごとにカスタムフィールドを自分でカンタンに設定できます。そのため、般若ビルダーサーチ1つあれば、複数のサイトに高機能な絞り込み検索&並び替え機能を追加費用なしで実装することができます。

12.般若ビルダー以外のWordPressテーマでも利用できる

般若ビルダーサーチは、その名のとおりWordPressテーマ「般若ビルダー」に最適化されたプラグインですが、他社製のWordPressテーマでも使えるように調整済みです。

他社のWordPressテーマに対応
他社テーマの一例

本音を言えば、般若ビルダーで使っていただきたいのですが、他社テーマでも普通にお使いいただけます。

テーマによっては多少の表示崩れが出るかもしれませんが、日本語のWordPressテーマであれば、正常に表示できるようにカスタマイズ方法を無償でサポートします。

以上、般若ビルダーサーチは汎用性が非常に高くて、使いやすさ、成約のしやすさ、設定のしやすさ、見やすさにも配慮している“超万能型”の絞り込み検索&並び替えプラグインとなっていることが、おわかりいただけたと思います。

至れり尽くせりですが、弱点もあります。

正直な話

般若ビルダーサーチにもデメリットが存在しますので、正直にお伝えします。

それは、カテゴリーやタグで絞り込むだけの簡易的な絞り込み検索と比べると、設定の工数が多くなってしまうことです。

特に、記事単位でカスタムフィールドの設定が必須になります。設定のしさすさに配慮してつくりましたが、この設定自体を省略することはできません。たとえば、下の画像は投稿編集画面に追加されたカスタムフィールドです。

カスタムフィールドの設定画面
三井住友カード(NL)の記事編集画面

このように各アイテム(記事)ごとに、検索条件を紐付けていく作業が発生します。「フォームのショートコードをコピペすればすぐに使える」といったものではないことは、あらかじめお伝えさせていただきます。

逆に言うと、ここで設定をするからこそ、簡易的な絞り込み検索では不可能な、カスタマイズされた検索結果ページが表示されて、「数値の並び替え」も可能になります。

そもそも、簡易的な絞り込み検索でも、絞り込み検索を想定して細かくカテゴリーやタグ付けをしていないと、設定の見直しが必要になります。

般若ビルダーサーチの場合は、カスタムフィールドで絞り込みますので、カテゴリーやタグの見直しは原則不要です。絞り込み検索用にタグ付けしたせいで、記事のタグ一覧に余計なタグが並んでしまうこともありません。

購入後の安心サポートについて

他社テーマの表示崩れも対応

般若ビルダーサーチは、購入後のサポート体制も万全です。

サポートフォーラムでの24時間サポート

専用のサポートフォーラム内にて、質問と回答の共有を図れるようにしています。

般若ビルダーサーチのサポートフォーラム

般若ビルダーサーチの設定・使い方に関してご不明な点がありましたら、このサポートフォーラムに書き込みしてください。般若ビルダー以外の日本語WordPressテーマでの「大きな表示崩れ」や「正常に動作しない」といったトラブルにも対応します。

原則24時間以内(土日祝日を除く)に返信しますが、他社テーマでのトラブルなど原因が複雑な場合は、最終回答まで2〜3日かかる場合もあります。

サポート対象外
  • 海外のWordPressテーマでのトラブル
  • wp_head()やwp_footer()がないなど、WordPressの標準から大きく離れた仕様のWordPressテーマでのトラブル
  • 自作テーマなど他に利用者がいないテーマでのトラブル
  • PHPやCSSの変更が必要となる個人的なデザイン変更の質問

無償アップデート対応

新機能の追加や、WordPress本体のアップデート・バージョンアップにより、バグや不具合が生じた際には、般若ビルダーサーチも無償でアップデート対応します。

緊急性の高いバグはなるはやで対応、緊急性が高くないものは、他のバグの改善、新機能とまとめて、最新版としてリリースします。最新版は他のプラグインと同じように、プラグイン一覧から更新してください。

アップデート・バージョンアップ情報は、般若ビルダーサーチユーザー通信(メール)でお知らせします。

機能追加、仕様改善リクエスト対応

前述のとおり、PHPやCSSの変更が必要となる個人的なカスタマイズの質問はサポート対象外ですが、「こんな機能・仕様を般若ビルダーサーチにも採用して欲しい」という「要望」は随時受け付けています。

購入後に何か実装して欲しい機能がみつかった場合は、提案・要望として「理由」を添えて、サポートフォーラムの「機能追加、改善リクエストフォーラム」に書き込みしてください。次期アップデート・バージョンアップ時に採用を検討させていただきます。

ただし、提案内容が必ず採用されるわけではありませんので、ご了承ください。

申し訳ありません。安売りはできません

利用料金


さて、気になる価格のお話です。

般若ビルダーサーチのような高度な絞り込み検索&並び替え機能をWEB制作会社に依頼すると、それなりの制作費がかかります。一部で「100万円以上」みたいな情報も見受けられますが、巨大ECサイトでもない限り、それはないかなと思います。

というのは、親テーマまたは子テーマをカスタマイズしてつくる場合。そのサイト専用の項目を決め打ちでつくればいいので、制作コストは少なくて済むからです。相場感としては初期費用として10万円前後でつくってもらえるはずです。

以前、他社の制作会社に見積もりを出したときは12万円でした。

項目決め打ちでつくる場合の料金目安

一方、使い回しが効くプラグインとしてつくる場合。あらゆるケースを想定して汎用性を持たせないといけないので、制作コストが一気に跳ね上がります。どのくらい機能性をもたせるかによりますが、初期費用だけでも20万円くらいは請求されると思います。

だからと言って、20万円もするプラグインを買う人はいないと思いますし、安くして出回り過ぎてもGoogle広告の出稿単価の高騰を招いたり、高額で絞り込み検索の制作を請け負っている人たちからクレームが来てしまいます。

そのため、般若ビルダーサーチは安売りできません。絞り込み検索&並び替え機能を本当に必要としている人にだけ手の届く価格を設定することにしました。

それは、12万円……でもなく、59,800円……でもなく、39,800円……でもなく、24,800円……でもありません。般若ビルダーサーチは16,800円でご提供することにしました。

Google広告対応で、数値の並び替えができて、設置場所は自由で、複数設置できて、直感でデザイン変更できて、iPhoneの表示問題にも対応して、大量データも一瞬で登録できて、リアルタイム件数表示にも対応して、好きなWordPressテーマに使えて、複数サイトに導入できて、購入後のサポートも受けられて、今後もアップデートしていく。

これら全てを含めて、サブスクではなくて買い切りで16,800円です。決して安くはないと思いますが、これだけ何でもできる絞り込み検索&並び替え機能と、アフターサポートをこの価格で手に入れることは、他では不可能だと思います。

※2021年8月14日追記:発売開始から1ヶ月間は発売記念価格でのご提供を考えていたのですが、まだまだ認知が足りないので、しばらくお値段据え置きでいくことにしました!

“超万能型”絞り込み検索&並び替えプラグイン

それでは、今すぐこの下にある利用規約に同意にチェックを入れて、「購入手続きへ進む」ボタンを押して、決済を完了させてください。手続きは1分で完了します。決済方法は、クレジットカード(PayPal)決済か、銀行振込をお選びいただけます。

商品名 般若ビルダーサーチ
マニュアル マニュアルサイト(公開済み)
サポート サポートフォーラム利用権利(期限・回数縛りなし)
アップデート アップデート・バージョンアップ版の受け取り権利
機能追加、仕様改善リクエスト申請権利
価格 16,800円(税込)
保証 30日間全額返金保証
利用規約
↑チェックを入れると、購入手続きボタンが押せるようになります 

よくある質問

FAQ

Q. いま運営しているサイトに導入できますか?

A. はい。もちろんです。プラグインをインストールすれば、WordPressで運営中のサイト・ブログ内にそのまま設置できます。新しくサイトをつくる必要はありません。

Q. 自分にちゃんと使いこなせるか不安です……

A. 設定マニュアルはすべて公開していますので、どうやって設定するのか事前に確認してみてください。そのうえで、ご自分のサイトでどうやって使うかイメージできれば、問題なく使いこなせると思います。

Q. 導入したらCVRは上がりますか?下がりますか?

A. どういうサイトを運営して、どのような導線にするかによります。私の場合は、SEOサイトをそのままベースにして、Google広告用に設置したのですが、CVRは特に変わりませんでした。内部への導線用にして、サイト全体でCVR30%前後です。

Q. 般若ビルダー以外のWordPressテーマでも使いたいのですが、もし動作しなかった場合は返金してくれますか?

A. はい。「動作しない」「表示が崩れて使いものにならない」といったトラブルには、対象サイトのURLを提示していただければ、サポートフォーラムにてサポートをさせていただきます。サポートを受けても改善されず、下記の返金条件にすべて当てはまる場合は、全額返金させていただきます。

返金条件
  • 日本語の国産WordPressテーマであること
  • WordPressの標準仕様から大きく離れていないWordPressテーマであること
  • 自作テーマなど他に利用者がいないテーマでのトラブルではないこと
  • サポートフォーラムに該当URLを提示してサポートを受けたが、「大きく表示が崩れる」「正常に動作しない」状態が改善されなかった
  • 購入日から起算して30日以内であること
Q. ブロックエディタに完全対応していますか?

A. 設定自体は、般若ビルダーサーチ専用の設定画面にて行ないます。そのため、設定完了後に生成されるショートコードは、ブロックエディタでもクラシックエディタでもどちらの記事にも貼り付けられます。

Q. 検索対象のアイテムはモノ以外にも対応していますか?

A. はい。アイテムはモノ以外、「サービス」「お店(場所)」「人物」など、WordPressの記事に書けるものでしたら、何でも対応しています。

Q. 検索フォーム内の検索項目は何個まで設定できますか?

A. 検索項目の数に制限はありません。何個でもフォームに設定できます。ただし、検索項目が多すぎると、表示速度に影響が出る可能性があります。ユーザーの使い勝手も考えて、10個以内に収めるのがおすすめです。

Q. フリーワード検索は使えますか?

A. はい。検索フォームの最上部か最下部、どちらかに設置できます。ただし、リアルタイム件数表示との両立はできません。リアルタイム表示をONにしたときは、フリーワード検索は使えない仕様を採用して、ページサイズの巨大化を防いでいます。

Q. 無料のWordPressテーマでも使えますか?

A. はい。国内でもっとも利用者が多いと思われる無料テーマ「Cocoon」を始めとして、10テーマ以上で動作確認済みです。

Q. 般若ビルダーサーチを使えば、成果報酬型のサイトでもGoogle広告の審査に必ず通りますか?

A. 設定内容やサイト内容に左右されますので、必ず審査に通るとは限りません。ただし、旧Google AdWords時代の厳しい審査でも通るために必要な機能は、すべて実装してあります。

Q. Google広告の出稿に関するサポートはありますか?

A. 出稿方法のサポートはありませんが、万が一「こんな機能、仕様がないと出稿できないと言われました」などあれば、ご報告ください。無料でアップデート対応させていただきます。

Q. 般若ビルダーサーチを使えば、成果報酬型のサイトでもYahoo!広告に出稿できるようになりますか?

A. いいえ。般若ビルダーサーチのような高度な絞り込み検索検索&並び替え機能を実装しても、成果報酬型のサイトはYahoo!広告には出稿できません。別の条件が必要です。

Q. デザインのカスタマイズ方法のサポートは受けられますか?

A. 般若ビルダーサーチの設定画面を使ったデザインの変更方法でしたら、ご不明な点はサポートします。CSSやPHPの変更が必要となる個人的なデザインのカスタマイズは、サポート対象外です。サポートフォーラムにて「こんなデザインが欲しい」とリクエストしていただければ、今後のアップデートで対応するかもしれません。

Q. データベース型のサイトでも使えますか?

A. はい。般若ビルダーサーチは絞り込み検索はもちろん、数値(データ)で並び替えができます。データを1つの場所(サイト)に集めて、データを簡単に抽出できる必要があるデータベース型、アーカイブ検索のサイトにもおすすめです。

たとえば、LUNA SEAの曲のなかから、「SUGIZO原曲」「ミディアムテンポ」「曲の長さが5分以下」で、ライブでの演奏回数が多い順or少ない順で並び替える……みたいなことがわずか数秒でできるようになります。

ただし、取り扱うアイテム数が多いと、それだけ紐付ける作業も多くなります。そこは覚悟してください。

Q. アダルトサイトでも使えますか?

A. はい。違法性のないアダルトサイトならOKです。ユーザーの好みがハッキリしているアダルトジャンルでは、活躍する場面が結構ありそうです。

Q. 第三者のサイト制作代行に利用することはできますか?

A. その第三者ご本人に、般若ビルダーサーチを購入いただければ可能です。

Q. 別途、カスタムフィールド用のプラグインは必要になりますか?

A. 不要です。「Advanced Custom Fields」や「Smart Custom Fields」などのカスタムフィールド用プラグインに依存することはなく、般若ビルダーサーチだけでカスタムフィールドの追加・管理ができます。

Q. 一度設定した検索フォームを複製して、一部分の項目だけ変えたフォームをつくることはできますか?

A. はい。WordPressテーマ「般若ビルダー」で推奨している複製プラグイン「Yoast Duplicate Post」を使えば、1クリックで複製して、再利用できるようになります。イチから作り直す必要はありません。

Q. フォームをスマホのファーストビューにおさめることはできますか?

A. はい。トップページの上部ウィジェットに入れて、セレクトボックス(プルダウンメニュー)の横並び機能を使うと可能です。

このように、セレクトボックスはスマホでも最大4列まで横並びにできます。

Q. カテゴリーとタグだけの簡易的な絞り込みはできますか?

A. 現時点では対応していませんが、次回のアップデートで対応予定です。

その他のご不明な点は、「お問い合わせフォーム」よりお問い合わせください。

お申し込み

1分で手続き完了

般若ビルダーイメージ画像

それでは、今すぐこの下にある利用規約に同意にチェックを入れて、「購入手続きへ進む」ボタンを押して、決済を完了させてください。手続きは1分で完了します。決済方法は、クレジットカード(PayPal)決済か、銀行振込をお選びいただけます。

商品名 般若ビルダーサーチ
マニュアル マニュアルサイト(公開済み)
サポート サポートフォーラム利用権利(期限・回数縛りなし)
アップデート アップデート・バージョンアップ版の受け取り権利
機能追加、仕様改善リクエスト申請権利
価格 16,800円(税込)
保証 30日間全額返金保証
利用規約
↑チェックを入れると、購入手続きボタンが押せるようになります 

お申込み→決済完了までの流れ

ご希望の決済手段の流れをクリックしてご確認ください。

PayPal決済(クレジットカード決済)の場合
【図解】ペイパル決済の手順を見る
1
PayPal決済をクリック

お申込みページの「PayPal決済で申し込み」をクリックします。

2
ログイン、またはアカウントを開設

PayPalのログイン画面になりますので、PayPalアカウントをお持ちの場合はログイン、アカウントをお持ちでない場合は新規にアカウントを開設します。

3
金額を確認して「続行」をクリック

現在の金額と支払い方法の確認画面が表示されます。間違いなければ「続行」をクリックします。

4
支払いを確定する

最終確認画面になりますので、注文内容を確認して「はい、支払いを確定します」ボタンをクリックして、あっという間に決済完了です。

銀行振込の場合
【図解】銀行決済の手順を見る
1
銀行振込を選択

お申込みページの支払い方法を「銀行振込」に変更します。

2
お振込情報を入力

画面の下のほうに、

  • 振込予定日(クリックすると、カレンダーで指定できます)
  • 振込名
  • メールアドレス

の入力欄がありますので、

入力して「銀行決済で申し込み」ボタンをクリックします。

3
内容を確認して、送信

申し込み内容の確認画面が表示されますので、内容を確認して「送信」ボタンをクリックして、銀行決済の受付完了です。

4
期日までに入金

受付が完了すると、【「般若ビルダーサーチ」銀行振込お申込みの確認】という件名のメールが届きますので、指定した日までにお振込みをお願いします。

5
入金完了の旨、メールで連絡

入金が完了しましたら、この確認メールに返信する形で入金完了の旨をご連絡ください。楽天銀行からの入金なら24時間以内、他行で土日祝日が入る場合は翌営業日以降に確認をして、商品ダウンロードURLを記載した「決済完了メール」をお送りします。

決済完了→商品お渡しまでの流れ

決済完了から商品のダウンロードまでは、たったの3ステップです。

1
【般若ビルダーサーチ】ユーザー通信の登録ページにアクセス

PayPal決済の場合は決済完了メッセージ、銀行振込の場合は決済完了メール(PayPal決済の場合もメールをお送りします)に記載の「【般若ビルダーサーチ】ユーザー通信の登録」URLをクリックします。このとき、登録に使う「注文ID」が下に記載されていますので、コピーしておきます。

2
ユーザー情報を入力

「【般若ビルダーサーチ】ユーザー通信」の登録のためのユーザー登録画面に移りますので、

  • お名前
  • メールアドレス
  • ログインパスワード(ご希望のパスワード)
  • 注文ID(先ほどコピーした注文ID)

を記入して「確認」ボタンをクリックして、「登録」してください。(今後、メールアドレスの変更などはこちらの「登録変更サイト」からご自由に変更できます)

3
メールに記載のユーザーサイトからダウンロード

会員登録が完了すると、「般若ビルダーサーチのお届けです」という件名のメールが届きますので、記載されたユーザーサイトURLに、記載のパスワードを入力してアクセスしてください。

ユーザーサイトにアクセスすると「ダウンロード」ボタンがありますので、そちらから最新の般若ビルダーサーチをダウンロードしてください。

ダウンロードしましたら、設定マニュアルを参考に設定して、生成されたショートコードを、サイト内の絞り込み検索を設置したい場所に貼り付けてください。訪問ユーザーが探していたアイテム・情報がすぐにみつかる、ユーザー体験力の高いサイトに生まれ変わります。

→ 今すぐ、運用中のサイトに超万能型の絞り込み検索を実装してみる

アップデート履歴

2021年08月11日
ver.1.0.3リリース:般若ビルダー以外のWordPressテーマでアイテム画像選択ができない不具合を修正
2021年08月09日
ver.1.0.2リリース:検索結果ページのラベル配色の不具合を修正
2021年08月07日
ver.1.0.1リリース:設定漏れ・設定ミスのお知らせ表示を追加