【ブロック対応完了】dlタグを使った記述・説明リスト

※このショートコードは、「ブロックエディタ」に対応済みです。

記事内(記事下など)に、加筆修正の改訂履歴を残すための記述・説明リストタグ(dlタグ)です。改訂履歴以外に用語説明などにも使えます。

更新履歴サンプル

2019年6月26日
テキスト3を修正
2019年6月25日
テキスト2を追加
2019年6月24日
テキスト1を削除

コピペ用

<dl>
<dt>2019年6月26日</dt>
<dd>テキスト3を修正</dd>
<dt>2019年6月25日</dt>
<dd>テキスト2を追加</dd>
<dt>2019年6月24日</dt>
<dd>テキスト1を削除</dd>
</dl>

余談:改定履歴実装の背景

記事を更新すると「更新日」の日付は更新表示されますが、「どこをどう更新したのか」も、ユーザーにわかるように残したほうがいいと考えました。

そのまま普通に書くこともできますが、記述・説明リストを使うことで、ユーザーだけでなくて検索エンジンにも伝わりやすい書き方になります。

timeタグを組み合わせる方法も考えたのですが、記事本体の更新日機能とバッティングするため、timeタグは使わないでdlタグのみの使用にとどめました。

呼び方は、「改訂履歴」じゃなくても、「更新履歴」「変更履歴」「加筆・修正履歴」などでも良いと思います。

以上「dlタグを使った記述・説明リスト」でした。

その他のカスタマイズTOPに戻る