[HB]固定フッターの設定

カスタマイザー>[HB]固定フッターの設定の解説です。画面最下部にバナー、ボタン、テキストリンクなどを固定表示できます。

固定フッター共通設定

指定するリンク

飛び先のURL(キラーページURLやアフィリエイトリンクなど)を記入します。

カスタムコンテンツ

上記の飛び先URLに記入できないリンク(改変禁止ASPのアフィリエイトコードや、ボタンショートコードなど)を使いたい場合に、ソースをそのままコピペします。

※ボタンブロックのソースを使う方法(1.3.0より対応)

ボタンブロックでデザインしたボタンを使いたい場合は、ブロックを「HTMLとして編集」に切り替えて、ボタンのソースコードをコピペしてください。

「HTMLとして編集」をクリックします。

ソースコードをコピーします。

コピーしたら、「ビジュアル編集」でブロックを元に戻します。

補足

ビジュアル編集に戻すときに、「このブロックには、想定されていないか無効なコンテンツが含まれています。」と表示されてしまった場合は、「ブロックのリカバリーを試行」で元に戻してください。

カスタムコンテンツにコピーしたブロックボタンのソースを貼り付けてください。

表示する範囲

キャッシュポイントが1つのみの場合は「全ページ」がおすすめです。キャッシュポイントが複数ある場合は、「トップページのみ」もしくは、ここの全体設定の固定フッターは使わないで、「記事ごとに固定フッターを設定」することもできます。

表示しない記事

上記で「全ページ」を選択したけど、表示したくない記事がある場合に記事IDで指定します。

※記事IDは、該当記事のタイトルにカーソルを合わせると、画面の下に表示されます。

PC用固定フッター

PC・タブレットで表示される画像(ボタン画像など)、もしくはテキストを設定できます。

フッター画像(PC)

幅1,000px(高さは最大100px)の画像が推奨です。Retinaに対応する場合は、表示させたい画像の2倍の大きさの画像を設定してください。

フッターテキスト(PC)

画像ではなくて、テキストリンクを設定したい場合は、こちらにテキストを記入してください。最大3行まで表示できます。

スマホ用固定フッター

フッター画像(スマホ)

幅320px(高さは最大100px)の画像が推奨です。左右に背景を表示したくない場合は幅375px(iPhone8)、414px(iPhoneX)などに広げてください。Retinaに対応する場合は、表示させたい画像の2倍の大きさの画像を設定してください。

表示例

フッターテキスト(スマホ)

画像ではなくて、テキストリンクを設定したい場合は、こちらにテキストを記入してください。最大3行まで表示できます。

表示例

スマホからタップで発信できるようにする方法

士業や店舗ビジネスのサイトで、スマホからタップですぐに発信できるようにするには、指定するリンクにtel:0120-123-456のように記述します。

あとは、スマホ用画像をアップ、あるいはテキストで記述すれば、タップで発信できるようになります。

PC用の画像も設定した場合は、スカイプがインストールされていれば、スカイプに繋がります。

以上、「[HB]固定フッターの設定」の解説でした。